本文へジャンプ

ご報告

2018-03-19 (月曜日) UP

皆様へ

いつもHilcrhymeをご支援頂き、誠にありがとうございます。

Hilcrhymeのメンバーとして、2006年の結成から約12年に渡って活動してきたDJ KATSUが、本日付でHilcrhymeを脱退致しました。

このようなお知らせをしなければならないのは本当に残念でなりません。
これまでの活動や楽曲、共に過ごしてきた日々に沢山の思いがありますが、チームで話し合った結果、DJ KATSUの意志を受け入れてこのような結論に至りました。
支えていただいたファンの皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

苦渋の決断でしたが、今後、HilcrhymeはメンバーのTOCのみで活動させていただきます。

ファンクラブはこれまで通り運営させていただきます。
また、リリースやライブなどこれからの活動につきましては、状況が整い次第お知らせ致しますので、引き続き温かく応援していただけましたら幸いです。

今後とも何卒宜しくお願い致します。

Hilcrhymeスタッフ一同


-----------------------------------
今回の件で皆様に多大なご迷惑ご心配をおかけしました事を心よりお詫び申し上げます。

私は、Hilcrhymeを脱退することを決意いたしました。

今後は、音楽活動を始めた時に抱いていた音楽への思いや創作意欲を取り戻したいと思っており、またどこかで皆さんに会えるよう、しばらくは休んで自分自身を見つめ直したいと思っています。
相方であり古くからの友人であるTOC、支えてくれたスタッフ、関係者の皆さま、そして何より、どんな時も応援してくれたファンの皆さまには本当に申し訳ないと思っています。

これまで本当にありがとうございました。

DJ KATSU



-----------------------------------
ファンの皆様へ

二人で話し合い、Hilcrhymeを脱退したいというDJ KATSUの申し出を受け入れました。

Hilcrhymeに全てを捧げ、様々な時代を一緒に過ごしてきた同士として語り尽くせない思いがあります。
この結論に至るまで考えを尽くしました。
まだ複雑な思いもありますが、古くからの友人である僕が彼に思うのは「更生して幸せになってほしい」という事です。
解散という結論に至らなかったのはHilcrhymeを存続させようという二人の意思です。

これからは「一人」のHilcrhymeです。
一人でのHilcrhymeなど想像もしていなかったので正直不安がありますが、歌い続けます。
残りの人生全てをかけてHilcrhymeを全うする所存です。

これまでありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願い致します。

Hilcrhyme TOC