本文へジャンプ

音楽評論家の富澤一誠氏から「想送歌」へのコメントが届きました。

2012-12-28 (金曜日) UP


音楽評論家の富澤一誠氏から「想送歌」へコメント頂きました!


『時代は今、Hilcrhymeの「想送歌」のような“文芸ラップ・ラブレクイエム”を必要としている!』

 2011年3月11日の東日本大震災以降、“死”が大きなテーマとなっている。
必然的に歌の究極のテーマは“死”と言っていい。

 死と音楽は昔から密接な関係にある。死者の霊を天国に導くために、
残された者の心を癒すための葬送曲(レクイエム)。
そんなレクイエムは14世紀に基本的な形式が確立されたが、
18世紀になると管弦楽を伴う作品が多く書かれ始めた。
日本でも太古より死は歌のテーマとして扱われてきた。
万葉集の中には亡くなった人を追悼する“挽歌”が263首もあり、
これは万葉集全体の5,8パーセントにあたるほどだ。

 しかし、死をテーマにした現在の歌はレクイエムとは違う。
万葉集の“死の歌”は親しい人の死の心の痛みを
やわらげるためのものであったのに対して、現在の“死の歌”は、
愛しい人や大切な人との別れの場合がほとんどだ。
愛しい人や大切な人の死というのはかけがえのない“愛”を失うこと。
それは想像を絶するほど悲しく、苦しいことだ。
愛とか幸せは、あるときには気づかないもので、失ってはじめて
そのかけがえのなさに気づかされる。そして愛しい人や大切な人と
過ごした幸せな日々を振り返って精算する。
この苦難を乗り越えてはじめて“死”を現実のものとして受け入れ、
次のステップに進むことができるのだ。愛しい人や大切な人の死によって、
残された者の心の中で起こるドラマティックな変化。
このドラマティックさゆえに“死”が歌の“究極のテーマ”となるのだ。

 Hilcrhymeの「想送歌」はまさに”死”をテーマにした究極のラブソングである。
人は死を迎えたとき、愛しい人や大切な人に何を伝えたいのか、
また、残したいのか?そんな自分の“想い”を何に託すのか?
形見として形の見える物として残すのか否か、人それぞれに違いない。
ただひとつ共通していることは〈想いを残すこと〉で、残す方法が違うだけだ。
ある人は“言葉”として文章で残す人もいるだろうし、Hilcrhymeは「想送歌」という
“音楽”で残した。では、あなたは“あなたの想い”を何で残すのか?
「想送歌」を聴いていると、そんなメッセージが飛んできて、
こちらの心がドラマティックに動き出すのだ。
その意味では、「想送歌」は聴き手の心に浸透してきて“波紋”を起こす
文芸度のきわめて高い純文学作品のようだ。
Hilcrhymeが生み出した〈文芸ラップ〉はさらに進化して、
「想送歌」で〈文芸ラップ・ラブレクイエム〉に昇華したようである。

 東日本大震災以降、時代が必要としているのは「想送歌」のような
〈文芸ラップ・ラブレクイエム〉である、と私は確信している。

富澤一誠